2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋のアムステルダム旅行記<ちょっぴり18禁な後編>

Amsterdam10_21
オランダと言えばコレを見なくっちゃ。


(宅の主人)のいぬ間に、独身貴族。


楽しすぎるのは気のせいか?(アハハハハー!)


というわけで遅ればせながら、初秋のアムステルダム旅行記<後編>をお届けします。


※その前に、前編を逃したあなた、↓コチラをクリック!クリック!
★初秋のアムステルダム旅行記<前編>


*********************************************************************

<アムステルダムと言えば?・・・その4>


Amsterdam10_22
春先だったら、チューリップに囲まれていたりするのでしょうか?


オランダと言えばやはりこちら、可愛らしい風車のある風景。

厳密に言うと、ここはアムステルダム郊外のザーンセ・スカンス村。私達は、アムステルダム中央駅前のツーリストガイドのおじさんのオススメで、駅前から出ているバスで移動。(所要45分ほど。)でも列車を利用すれば20分ほどで到着できるようです。


日本語がなかったので、付け加えておきました。
(けっ、くだらねー。)


Amsterdam10_23
どうもいらっしゃいました。


のどかな田園風景の広がるこの村には、風車の他にも、時計博物館やチーズ職人の家、木靴工房などがあります。


Amsterdam10_24Amsterdam10_25
分かりづらいけど、白く点在しているのは羊の皆さんです。こちらの羊達、トルコの羊と比べてもそれ以上に、まるまるっと実によく肥えていました。牧草がウマイのか?


チーズ職人の家では、チーズの製造工程をアルプスの少女のような方が説明されていました。


Amsterdam10_26
ハイジのチーズみたい。ペーーターーー!!


チーズ売り場も併設されていて、20種類ほどのチーズが並んでいました。スモーク、ガーリック入り、ハーブ入り、etcetc・・・。もちろん片っ端から試食するサル夫婦。ついでにグラスワインなんかもあると言う事なし!ですよ。


似たような民家風建物が並ぶ中、木靴工房は非常に分かりやすかったです。


Amsterdam10_27
ガ、ガリバー!!


オランダは木靴が有名で、街のあちらこちらのお土産屋さんでも、色とりどりの木靴をたくさん見かけました。


Amsterdam10_28
これだけ揃うと圧巻です。


話は戻って風車。ザーン地方にはかつて1000基ほどの風車があったそうな。しかしながら1920年代にはわずか20基にまで激減。事態を重く見た関係者が、ザーン地方風車教会を設立し、風車を後世にまで伝える為に、ザーンセ・スカンス村へ移築、現在では10基の風車が保存されているそうです。
(※ララチッタガイドブック参照。)


Amsterdam10_29
風車の中に入ることができて(※but要入場料)、真ん中のテラスのようになっている部分に出る事ができます。


ザーンセ・スカンス村も堪能したし、じゃ、そろそろいっちゃう?禁断の18・き・ん♪



<アムステルダムと言えば?・・・その5>


ここからは18禁ネタです。坊やなあなたはえ・ん・りょ・してネ♪ウフン。

とは言っても、本格的にあんなのやこんなのの写真を載せると、完璧アダルトカテゴリーですから、刺激を求める大人なあなたには、ちょっと物足りないかと。まー、現地へ行って下さい。(投げやりだな、おい。)


さてさて。東は東京の歌舞伎町、西はアムステルダムのレッドライドストリート(飾り窓地区)、と言われてるとか言われてないとか。ここはぶっちゃけ、アムステルダムの風俗街で、立ち並ぶ建物には大きな飾り窓(というかドア)がついており、かなりきわどい下着姿の女性達が、道行く男性達とドア越しに直接交渉します。

売春が合法化されているオランダならではの光景と言えるでしょうか。


Amsterdam10_30Amsterdam10_31
左が昼間のレッドライトディストリクト。やっぱり男性の姿が多いものの、ツーリストらしき女性の姿もちらほらと。右の写真の赤く光ってる部分に、今日もビジネスに励む女性達が。


この地区には、びっくりするぐらいあけすけに「大人の玩具」のお店が所狭しと並んでいて、ショーウインドウにもあまりにも普通に陳列されているのでオドロキです。

余談ですが、とあるお店の看板にでかでかと日本語で、「VHS2本お買い上げの方には1本サービス」みたいな事が書かれていて、一瞬日本人のお店?と思ったのですが、中には普通にオランダ人の男性がいらっしゃいました。
(どさくさにまぎれて入ったんですか?)

しかしアサコサル、人生でこれほどまでに「大人の玩具」を手にした事がかつてあっただろうか。
(買ってませんよ、一応言っとくけど。)

こんなショーウインドウもありました。
(この写真、のっけてOKだよね?)


Amsterdam10_32
なんか可愛いらしいです。


ところでオランダでは、売春と同じく合法化されているのが、こちら。


Amsterdam10_33
博物館にしちゃいましたかー。


画像からは見づらいのですが、こちらは「The Hush Marihuana Hemp Museum」でございます。つまりは大麻の博物館。

オランダでは、いわゆるソフトドラッグ(※マジックマッシュルームやハシシ、マリファナなどの大麻加工品)に限り、一定量の販売と所持が合法化されているそう。

レッドライト地区付近で多く見かけた「Coffeeshop」はいわゆるカフェではなく、ソフトドラッグを個人使用目的で販売している小売店なのでした。

ドラッグが違法な国出身の私としては、Coffeeshopはどうも「ヤバイ所」なイメージが抜け切れなかったのですが、店内は意外にも普通に明るいカフェという感じ。

普通にコーヒーやジュースを飲んだり、雑誌を読んだりしながら、ゆったりとドラッグを楽しむ・・・。オランダすげー。

Coffeeshop以外にも、大麻入りチョコレートやロリポップなどを販売しているお店もありました。


売春やドラッグという、日本ではタブーとされているものが、あまりにもオープンに存在している国、オランダ。人は禁止されればされるほど、そういったものに興味や魅力を感じてしまうもの。そんな煩悩をリーガルに満たしているこの街は、返って犯罪率なんかが低かったりするのかなぁ・・・なんて考えてしまいました。


*********************************************************************

<アムステルダム番外編>


①こんなグルメはいかが?

Amsterdam10_34Amsterdam10_35
左:オランダっ子は、このテイクアウトスタイルのチャイニーズが大好き。「Wok to Walk」というフランチャイズ式のお店が至る所にありましたが、どこも行列超満員。確かに美味しくって、アムステルダムにいる間、毎晩食べてました♪

右:ファストフードの自動販売機。食べたい物の列のコイン投入口にお金を入れると、中から取り出せる仕組みになってました。ファストフードと言えば、「フリッツ」というフライドポテトが大人気。マヨネーズをたっぷりかけて食べ歩き♪が楽しい。


②こんなホテルに泊まりました。

Amsterdam10_36Amsterdam10_37Amsterdam10_38Amsterdam10_39
「Backstage Hotel」という、街の中心にある小さなホテルに宿泊。その名の通り、コンセプトは「バックステージ」になっていて、部屋の電気がドラムだったり、ベッド周りの照明が楽屋風だったり、なかなか楽しいホテルでした。(しかしバス、トイレが部屋の外というのが難点。)


③こんなお写真はいかが?

Amsterdam10_40
逆さまじゃないですよ。天井に張り付いてます。発想が愉快じゃないかー♪

Amsterdam10_41
フラワーマーケットのとあるお店の店先。球根やら種やら、こんなにたくさんの種類があるんですねー。



長丁場でお届けしましたアムステルダム旅行記。ちょっと読み返してみましたら、何気に「18禁コーナー」に最も力を注いでる風な仕上がりとなりましたが。
(ちょっと気合い入っちゃいましたー。エヘヘ。)


長々とお付き合いありがとうございました。


Blog Ranking Banner ←やっぱりヨーロッパって楽しい!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←ポチっとよろしくお願い致します。
関連記事

● COMMENT FORM ●

だって・・・

やっぱり18禁の街が一番楽しかったんだろうさ!!!

売春、ドラッグがリーガルとはびっくり!確かに禁止されない方が意外とやらないものなのかもね。

うちの天井にもマメのミニカーやらみんコロのぬいぐるみを逆さまに貼り付けてみょうかな・・・すごい斬新でいい感じ!

No title

ふむふむ
大麻の博物館とな
こりゃお塩に拝ませねぇと、って
いきなりブラックジョークから始まった訳ですが

あの画像の牛さんの乳みたいなぶら下がりは
全部コンドームなのかぃ?
(今日腕の調子が悪くて変化球投げれぬ為
 ものすごい直球w)
いや~NYにもSEX MUSEUMがありまして
そこもなかなか良い感じに刺激的ですたが
こちらの方がもっと魅力的ですな
やっぱ将来はオランダか~!!

懐かし

私、オランダ一人旅しました。21の時に。おおー遠い昔だーー。
18きんエリア行きましたとも冷やかしに。飾り窓のエリアはユースホステルで知り合った日本人男子を護衛にして。夜だったんで怖かったっす。並んでるところなんかあったりしてねぇ、ここは美人なのか?と興味深々。アハハ。
風車もおんなじとこ行きました!でも羊はいなかったなぁ。。。そうそう、あの風車に日本人がいるそうです。テレビで前やってました。日本人女性いました?

Shizukaちゃん♪

> やっぱり18禁の街が一番楽しかったんだろうさ!!!

あ、分かっちゃった?v-398

Wikiで見たんだけど、一時期廃止論が出たものの、「売春を行う権利がある」という理由で存続が決まったそうな。フェミニスト的な事を言えば、「売春は女性の存在自体を蔑むもの」と思うけど、逆に「自発的に売春をしたい者からその権利を誰が奪えるか?」と聞かれれば、それもうーん・・って感じ?

一つ言えるのは、レッドライト地区には全くもって悲愴感なし。明るいもんだよ、本当に。


> うちの天井にもマメのミニカーやらみんコロのぬいぐるみを逆さまに貼り付けてみょうかな・・・すごい斬新でいい感じ!

外からチラッと見えて、「天井にv-529!?」ってびっくりして、すぐさま写真撮っちゃった。これだけでなくって、アムステルダムには斬新でスタイリッシュな雑貨とかを扱うお店も多くて、そういうの大好きだからすっごく楽しかったよー。e-266

アポロちゃん♪

> 大麻の博物館とな
> こりゃお塩に拝ませねぇと、って
> いきなりブラックジョークから始まった訳ですが

ええ??あ、ゴメン。私、このブラックジョーク分かんなかったり?e-351


> あの画像の牛さんの乳みたいなぶら下がりは
> 全部コンドームなのかぃ?

あ、直球来ましたね。そうです。e-319


> いや~NYにもSEX MUSEUMがありまして
> そこもなかなか良い感じに刺激的ですたが

そうそう。うちらも今回行ったんだけど、なんというかあからさますぎる写真とか(300枚ぐらい貼り付けてあんの、しかも)、逆に研究でもするように熱心に見ちゃったよ。アジアコーナーとかあって、日本の昔の(平安時代っぽい)その行為自体を描いた絵とか、微に入り細に渡り描かれてて、ちょっと感心。v-424

Erikoさん♪

お!お久しぶりです!erikoさんのブログ、最近こっそり読み逃げしてました。i-237エヘヘ。

オランダ一人旅されたんですかー?かっこいい!e-349飾り窓エリアね、そういえばうちらも夜行った時、あまりにもあからさまな視線を投げかけてる女性の皆様の姿に思わず私、「相場はいかほど?」と興味を持ってしまい、クマに「値段を聞いてきてみてー。(←こんな事言う女房は世界で私ぐらいのものだろうか・・・。e-263)」と送り出したんですが、一人で待ってる間に、アフリカ人?かな、妙な男に「一緒に行こうよ」と声をかけられました。

その時は「薄気味悪い」と思って、「いやいやいや・・・」なんつって、そそくさと逃げましたが、後でクマにこの話をしたら、「それは男だと思われたね、確実」と言われて、逆に複雑な気持ちになりました。雨降りでパーカーのフードを深く被り、ジーンズ姿の長身の私は、確実に男と間違えられたと思います。e-442どうりで、商売女性陣が熱く見つめてくると思ったー。e-351


> 風車もおんなじとこ行きました!でも羊はいなかったなぁ。。。そうそう、あの風車に日本人がいるそうです。テレビで前やってました。日本人女性いました?

本当?羊、大量にいましたよー。みんなまるっまるとよく肥えて。v-527風車に日本の方がいらっしゃるんですか?仕事で?見かけなかったなぁ・・・。

No title

ええええっ?あの国は
売春も合法化されてんだー。
ホントおかしな国だわ。

パムッカレに年中くるオランダ人の
おばちゃんがいるんだけど、
彼女らも売春婦?
彼女らは超お金持ちだから、
トルコ人の若い兄ちゃんにお金はあげている
みたい。

木靴かわいいね。履き心地は
いいのかしら?

ホテルはトイレとバスが外って。。
なんかラブホみたい(^^;)

ラム子サマ♪

そうなのー。どうもど派手にやっとったなーと思って、戻ってきてからWikiで見てみたら、売春合法なんだって。オドロキ。e-451


> パムッカレに年中くるオランダ人の
> おばちゃんがいるんだけど、
> 彼女らも売春婦?

いや、だからってオランダ人皆が皆、売春婦ってわけじゃ・・・。e-263リッチな外国人マダムが、トルコ人の若い子たちを囲う?みたいなのは、オランダ人に限らず、イギリス人でもドイツ人でもいましたよ。ギヴアンドテイクっちゅうわけですかねぇ。v-398


> 木靴かわいいね。履き心地は
> いいのかしら?

履かなかったんだけど、ちゃんと普通の靴のようにサイズが揃ってました。買ってみれば良かったかなぁ・・。e-266

ラブホって!e-449アハハ。ラム子さん、オモロイなぁ。

お久しぶりです☆

わぁ、同じ時期に日本に帰っていたアサコサルさん、このサクサク更新ぶりはすごいです!

風車が並んでいて羊さんが草を食む、のどかな田園風景と、赤いネオンの飾り窓。このギャップが、なんとも素晴らしいです!
知り合いのちょいワルおやじ(日本人)が、アムステルダムは大人の遊園地だぁ、と言っていたのを思い出しました。ほぉんと、楽しそう♪ そのおやじに、ハッシシだったかオピウムだったかが入ったお酒をもらったことがあります。でも、どうやって日本に持ち込んだんだろ...........。(違法だよね?)
いやはや、奥の深い国であります、オランダって。

これからも、トルコやその他面白そうな国情報、楽しみにしてますよ! よろしくお願いします~。

ところで、だーぶと前に(春頃)メールを出したんですけど、届いてないですね、、、。

勿論、思っていないよ~

オランダ人=売春婦とは
勿論、思っていないよ。

ただ、あのおばさんたちは
売春婦ならぬ、買春婦とでも
言うのかな、と思って
売春婦の後に?をつけてしまったのだ。
ちょっと言葉が足らなくて
申し訳ない。

オランダは外国人参政権も
あるし、ちょっと私には
不可解な国です。
ミッフィちゃんは大好きなんだけどね。

Yokocan21サマ♪

サクッと更新してみましたーe-266いつまで続くか見ものですが・・・。e-351

> 風車が並んでいて羊さんが草を食む、のどかな田園風景と、赤いネオンの飾り窓。このギャップが、なんとも素晴らしいです!

確かに!ギャップあってこそのアムステルダム!っちゅう感じでしょうか。v-10


> 知り合いのちょいワルおやじ(日本人)が、アムステルダムは大人の遊園地だぁ、と言っていたのを思い出しました。

さすがはちょいワル!v-218うまい事をおっしゃる!


>そのおやじに、ハッシシだったかオピウムだったかが入ったお酒をもらったことがあります。でも、どうやって日本に持ち込んだんだろ...........。(違法だよね?)

さすがはちょいワル!v-218(2回目)すごいなぁ。。本当、どうやって持ち込まれたのでしょう?我々も「トルコに持ち込んだらどうなるかねぇ。。」なんて話してたんですが(クマ、アムスにいる間、バッグの中にカナビス入りチョコ持ち歩いてたし。e-440)、やっぱ見つかったら逮捕?それはカンベン願いたいので、始終目を光らせておきました。(どんなダンナ?)


これからも行った国も行ってない国も(クマだけ行ってるとかね)色々レポしていきまっす!


> ところで、だーぶと前に(春頃)メールを出したんですけど、届いてないですね、、、。

おぉぉぉーー?あれあれ?届いてなかったみたいです・・・。e-351実はCさんから「Yokocanさんからメール来るかも」とは聞いていたものの、色々バタバタしまして、そのまま失念しておりました・・・。どこいっちゃったんだろ、メール??hotmailに頂いたんですよね?でもメール頂いたという事がとっても嬉しかったですー。e-68ありがとうございます!

ラム子サマ♪

いやいや、ラム子さん、オランダ女性イコール・・と思ってない事は分かりますよー。私もちょっちジョーク風に書いてしまいました。失敬失敬。

しかしそれだけ、パムッカレに来ているオランダ人女性達のパワーがスゴイ!という事ですなぁ。くわばらくわばらー。(?)

ミッフィーってオランダだっけ?(あ、そういえばどっかで見ましたわー。e-349

ドラッグが合法なのは知ってたけど

売春まで合法なのは、知らなかったです。
まあ、まさしく、禁止するより合法にした方が、抑止力がある、という考え方なんでしょうね~。オーストラリアのシドニーなんかでも、ドラック中毒者に、無料でドラッグを配布する場所とかがあって、これも同じ発想から生まれた政策らしいです。ドラッグを受け取る場所に、カウンセラーとか、牧師さんとかが待機してるんですって。(いえ、別に見学には行ってません)しかし、何ともいえないケバケバしさに、他の美しい写真たちが、影薄くみえてしまいます…。人間の本能って何かスゴイ。
ところで、一部に限り、トルコでも売春が合法で行われているんですよ~。オランダみたいに派手派手じゃなくて、ひっそりですけどね…。

ひつじ飼いサマ♪

> まあ、まさしく、禁止するより合法にした方が、抑止力がある、という考え方なんでしょうね~。

私もそう思いました。Wikiによれば「売春する権利は奪えないので」という事で合法とされているようなんですが、彼女達が好きで商売してるならOKという、なんというか「あっけらかん」とした感じで、逆に「売春の何が悪いんだ?」という気にさせられてきちゃうぐらいのオープンさでしたわー。e-351


>オーストラリアのシドニーなんかでも、ドラック中毒者に、無料でドラッグを配布する場所とかがあって、これも同じ発想から生まれた政策らしいです。ドラッグを受け取る場所に、カウンセラーとか、牧師さんとかが待機してるんですって。

へー、面白いですね。「ドラッグあげるけど、堂々と私の目を見れるのか!」と目をギラギラさせている(?)牧師さんの姿が浮かんでしまうー。

人間の煩悩だけは、どの国にもどんな人間にも必ず存在するものじゃないですかー。それをどのように規制していくか、それが国ごとに色々な方法があったりして、とても興味深いですー。


> ところで、一部に限り、トルコでも売春が合法で行われているんですよ~。オランダみたいに派手派手じゃなくて、ひっそりですけどね…。

えぇーー!それは初めて知りました!v-12アンタルヤ以上にすごい所があるのか!?(って合法じゃないはずだけど、あからさまなんだもん。)どこですか?(なんて聞いちゃったりして。v-14

No title

オランダ素敵ですよね~私もすき!!!
オランダ語ってドイツ語と英語が混ざっているようで全く分からない言語でもないんですよね~。こっちはすっかりマイナスの気温と霧が続いている毎日です。

オランダ・・・・こわい。。。

いつものほほんなアサコはぬのブログがちょっとダークでございます。
売春が合法でも、人間の理性と言うかなんというか・・
やっぱり「私売春してます」って堂々胸張ってる人はいるんですかねぇ・・。いるんでしょうねぇ。わからんわーーー。
クレジットカードとか作る時に職業欄に「売春婦」?

風車くるくるでさわやかなイメージだったのに。

私はタバコも大麻もそう違いはないと思ってるので、オランダにいるトルコ人もすごい多いと思うので、・・うわぁーー。流行ってそうですねぇ。

えーん。 オランダー。

Kayakatsuraサマ♪

今回は特に、ダークなオランダの一面を目の当たりにして、オドロキつつも結構楽しんじゃいました。v-398どの国にも双方の面があるものだと思いますが、ダークな面もここまでオープンにされてると、返ってダークな印象にならないというか・・・。


> オランダ語ってドイツ語と英語が混ざっているようで全く分からない言語でもないんですよね~。

あ、なんか分かります!私はドイツ語は特にさっぱりですが、よく聞いてると「あれ?英語じゃないの?」という響きが結構ありましたねー。ドイツ語堪能、英語もきっとかなり堪能なKayakatsuraさんなら、オランダ語を知らなくっても、大体の意味はつかめてしまうかな?e-343


>こっちはすっかりマイナスの気温と霧が続いている毎日です。

マイナス!!!アンタルヤはいまだ20℃越えで、今もノースリーブでこれを書いてますよ。v-278友人もアンタルヤからハノーバーに戻る日にドイツから、「こちらは今4℃」とかってメッセージをもらってて、「なんかこんなビーチ沿いにいるから、感覚わかないなぁ・・。」と言ってました。

ちぃはぬ♪

今回はダークに攻めてみました。e-277


> やっぱり「私売春してます」って堂々胸張ってる人はいるんですかねぇ・・。

少なくとも、レッドライト地区の飾り窓で身をくねらせて客引きしているお姉さん達は、超堂々としてる感じでしたけども。e-449「羞恥心」とかもはやなくなっちゃったのか?それとも「お金の為」と割り切って、ビジネスに徹しているのか?それにしてはかなり相場は安かったですけども。(聞いたのー?)


> クレジットカードとか作る時に職業欄に「売春婦」?

あはは。書きかねないかも、堂々たる彼女らの雰囲気なら。


> 風車くるくるでさわやかなイメージだったのに。

風車の周りはまさに「爽やか穏やか田園風景」でしたよ。e-266


> 私はタバコも大麻もそう違いはないと思ってるので、オランダにいるトルコ人もすごい多いと思うので、・・うわぁーー。流行ってそうですねぇ。

ヨーロッパに住むトルコ人達も、「郷に入っては郷に従え」ってか?私の周り、ほとんどスモーカーがいないのが、よく考えたら奇跡?

今更ながらに…

こっそり(何でこっそりなんだ?)コメントいれに、やってきました♪
だんな、例の売春宿の話ですがね…こそこそ…。
ええ~っと、なにエブっていうんだったかな~?(エラそうな事いう割りに、情報がアイマイだ)
割と、どこの都市にでもあって、でも町からはちょいと離れた、人目につかない丘の上、とかにね。
なんとかエブ、という娼館があるそうで。
働いてる売春婦も、政府公認で、ちゃんと定期的に健康診断とかも、受けてるそうですよ。
ちなみに、私はヨズガット市の離れにある、その建物を、道路越しにチラリと見たことがあります~。
もちろん、看板とかは、何もなしっす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひつじ飼いサマ♪

こっそーりコメントありがとうございます♪e-68

> 割と、どこの都市にでもあって、でも町からはちょいと離れた、人目につかない丘の上、とかにね。
> なんとかエブ、という娼館があるそうで。

マジですかー!?e-449いやん。政府公認の売春婦ってすごいですなぁ。建物はいたって普通なのかしらん?(看板ないけど、ピンクの電気がチカチカしてるとか。←したらバレバレですやんって?)

鍵コメサマ♪

いや~、こちらこそ親近感持って頂けるなんて、超光栄です!!e-266私も勝手に親近感を抱かせて頂いておりましたので。一度一緒に飲みたいな、なんて。e-446

おかげ様で体調も戻り、今は絶好調です!v-218長い人生、色んな事があるものだなぁ、と。忘れられない(忘れちゃいけない)出来事でしたが、とにかく前進あるのみ!です。v-220

はい♪本当ーーーにくだらない事をつぶやいてるのみですが、結構楽しいです、ツイッター。e-68私もイマイチ使い方分からぬまま、適当に使ってますよ。

私もフォローさせて頂きます!e-415こちらこそよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/84-7012f118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンタルヤな花嫁 «  | BLOG TOP |  » Baba Zulaな夜

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。