2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海沿岸から遺跡を眺めてみる週末(ケコワ島編)

イヤっと言うほど遺跡を堪能。(1日目)



ペルゲ遺跡編


Kekova02_05_01
都会の喧騒に疲れたあなたに、マイナスイオンな画像をどうぞ。


本日は、アンタルヤから地中海沿岸ルートをたどること約2時間半、「ケコワ島」周辺のターコイズブルーな地中海の風景へと、皆様を誘います。


「Kekova(ケコワ)島」は、南トルコの町・カシュから東へ20kmほどのところにあり、周辺には、古代リキア国の都市、Simena(スィメナ)が存在していました。見どころは、紀元2世紀に起きた地震により水没した都市の水中遺跡。


また、スィメナの現在の呼称は「カレキョイ」といい、ビザンティン時代の城跡から、美しい眺めも堪能できます。


ケコワ島へのアクセスは、カシュ、デムレといった周辺の町からのボートツアーなども人気ですが、今回は、ウチャウズという村まで車で行き、そこから1時間ほどのボートツアーに参加してきました。


ウチャウズまでのルートは、切り立った崖の上を、ソロソロと車で進んでいくような道からスタート。しかも、楽しい出会いのオプション付きで。


Kekova02_05_02
ゾロゾロと出てきました。

Kekova02_05_03
ここではどっちかっつーと、車の方が肩身が狭いです。

Kekova02_05_05
ちっちゃい子もがんばってます。



遺跡と戯れるはずが、黒ヤギと戯れてしまいました。



さらにソロソロと進むこと30分・・・。



Kekova02_05_06
ウチャウズ村のボート乗り場に到着。


さて。ここからがアサコサルの真骨頂。トルコ在住5年で唯一、「為になること身についたなぁ・・・」と思える習慣。それこそ!



「ザ・値切り交渉。」
(個人で行かれる皆様は、ぜひお試しください。)



パートナーがトルコ人でも、外国人と見るや、大抵高値をふっかけてくるので、言われたままの値段で頷くことなかれ。トルコ語力なんぞ関係ないのです。パワーで押し切れ!


で、クマと二人で押し切った結果、カレキョイ(城跡のある所)ストップありで、大人2名で40リラ(言われ値は100リラ)になりました。
(まだ高い?)


ま、ともかくありがとう、アムジャ(おじちゃん)


Kekova02_05_07
では、出発!

Kekova02_05_08
気分爽快ーーーーーー!(←10分経過)

Kekova02_05_09
生きてて良かったーーーーーー!(←15分経過)

Kekova02_05_10
船の上に寝転んで、語りだす。(←30代の青春。)



それよりも。



Kekova02_05_11
古代リキア人の墓跡。(写真が小さくて、石ころにしか見えない件につきましては、ごめんあそばせ。)


島に近づくと、船もゆーーっくりと進んでいきます。


Kekova02_05_12Kekova02_05_14Kekova02_05_15
「水中遺跡」としては、長年、海水に晒された影響か侵食が激しく、はっきりとしたものは見えなかったものの、ターコイズブルーの海の美しさは堪能できます。


ウチャウズを出てから30分ほどで、カレキョイ(スィメナ)が見えてきました。


Kekova02_05_16Kekova02_05_17
いざ上陸!


城跡までは、5、6分という近さです。階段をのぼっていくと、小さな土産物屋や、カフェなどもちらほら見えてきます。


そんなこんなで、城跡に到着です。


Kekova02_05_18
なんかもう、相当崩れてますが・・・(汗)。


しかし、ここからの眺めは清々しい・・・。


Kekova02_05_19Kekova02_05_20


城のてっぺんまで、道なき道を進めず。(何気に高所恐怖症。)なのに、携帯片手に下ってきた、この男が憎い。


Kekova02_05_21
やっぱ苗字に「サル」がつくだけのlことはあります。(関係なかろう。)


遺跡というよりも、燦々と注ぐ太陽と海を堪能したケコワ島の旅。


次はさらに西へ、カシュへと向かいます。今晩はカシュで宿泊です。


Kas03_05_01
カシュへと下る道から、こんな神々しい風景に出会えました。



次回は古代リキアの遺跡(クサントス、レトゥーン)&サクルケント渓谷をご案内。



Blog Ranking Banner ←トルコって広いなぁ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←地中海って碧いなぁ・・・。
関連記事

● COMMENT FORM ●

美しい!!

の一言に限りますね♪ あー、癒される。どうやら癒しが必要みたいです、私。すっかり心はケコワ島へ行ってしまって、戻ってきません。(笑) トルコっていいなぁ。 

あぁぁぁぁ・・・ いいなぁ いいなぁ。

アンタルヤの旅は何泊くらい必要でショーかv-22
行くときはアサコはぬに、オススメ宿泊場所とオススメ観光場所と日程相談しなくっちゃー。(全部相談やんけ)
もぅいろんなところ見ちゃって、大混乱。
カッパドキアなんて単純なのに。
 後、パムッカレにもいかんと。

100リラが40リラになるなんてすごい!!
おっちゃんも、100リラなんて言い過ぎ!!

日焼け対策は念入りにv-15

100→40リラって半額以下や~ん。素晴らしいv-218 パザルでも上手に値切ってるなぁって実は感心してました。私は値切りが苦手なので買い物はAsakosaruちゃんと行くべきね。

ケコワは5年前に行ったけど、また行きたいなぁ!アンタルヤ周辺ってほんと、素晴らしすぎかもね。ありがたや~。

Hanaサマ♪

次回書く予定のカシュ→カルカン周辺の海岸線は、ケコワ周辺に勝るとも劣らずの美しさでした!もう車の中でテンション上がりっぱなし。v-10

私は逆に、NY!!に行きたーーーい。心はメトロポリスですよ。ここ、自然はいっぱいだけど、都会の「と」の字もないもんなーー。欲張りすぎ?v-398

Chieはぬ♪

えーーーっと、そうっすねーー。B&Bスタイルで、夜中でも階下の子供が、時折雄叫びをあげてるという悪条件はあるものの、なんと「タダv-353」という宿泊所がありますがいかが?(サルv-14パンスィヨンです。)

アンタルヤには、アサコサルなぞ足元にも及ばぬ、博識なJGの諸先輩方がおられますので、相談♪相談♪

私もカッパ行く時は、ちぃはぬに相談♪相談♪v-10

チューリップサマ♪

最初の言い値だって、私だけだったら、100ユーロぐらい言われてたんじゃなかろうか・・・。値切る!と言えば、関西じゃないですかーー、チューリップさん!

でもパザルというパザルで、調子のいいことばっか言ってるから、今度一人で行った時に見つかったら、結構恥ずかしいっすよね・・・。v-398

ケコワは2回目だったんですが、(私も4年前ぐらいに一度行きました♪)前回は雨降りだったので、今回は気持ちよく晴れ渡って、おかげでコンガリ焼けたものの、たっぷりと光合成できましたー。v-290

リゾートだわ~!!

すっかりリゾートですね。(笑)
値切り交渉、よ~くわかります。
うちもよく観光客価格を吹っかけられ、怒っておりました。どうやら、旦那君私といるとトルコ人と思われない。トルコ語上手ですね~なんていわれており本人はかなり怒っておりました。(笑)今年はトルコでの休暇出来そうにないので羨ましい景色です。

青い空!青い海!遺跡!そして黒ヤギ(笑)!!
アンタルヤ、ステキすぎますー。
あぁ、何故新婚旅行のコースに入れなかったのかと、本気で後悔中です(大泣)
旦那の実家の町に2週間以上もいる予定なので、その間に抜け出して行きたい位です。

行く時は、パザルルックを勉強しておきます(汗)

カシュは私たち夫婦にとってとっても思い出深いところです…ああなつかしや恋人時代・・・???
でもあのあたりの海の青さは最高ですよね。
ところで・・・いまだに値切ったりがあまりでけへん私・・ぜひぜひうまい値切りの仕方をお教えくださいませ!

おぉ~、いいなぁ

ケコワ、一度行ってみたいんです!カシュへは行ったことあるのに、何故か通り過ぎました.....。
この真っ青な空と碧い海、これだけで十分です、私。
船にて上陸ってのが、なんとも風情があっていいですね。この船、サル夫婦貸切だったんでしょうか?それにしても、オッサン、ふっかてきますねぇ。あ、値切りといえば、うちのダンナ、イズミル人らしく超得意ですので、今度貸しましょうか?(笑)何でも破格の値段で交渉してきますんで。

うぅっ、地中海行きたい~!

美しい・・・

最後の写真は、ネロが天国にのぼっていきそうな感じ。。。

苦労してたどり着いた景色はさらに倍!でキレイだわね♪

値切りが上手なんていいなぁ。しかもそちらではアナタはガイジンなのに・・・??
私なんで函館のカニ売りのおっちゃんすら値切れなかったよ。
次回高価な家電を買うときは、是非ともヤマダ電機へお供してくだされ!!

Koepekkayaサマ♪

クマも、大概トルコ人と思われますが、やっぱり私といることで、たまに外国人と思われて、英語だのドイツ語だの、各国語を試されてます。(笑)

クマは結構マイルドな(?)タイプの男なので、どうも足元見られてる感じがするのですよ・・・。だから、ここは一発、私も参加したるーー!という事で、最近はナンボ値切るかが、楽しみになりつつあります。

今年はトルコでの夏休みはなしですかー。残念!では、これでもかーー!と海の写真とか載せますからねー!v-467

Nurmelekサマ♪

黒ヤギ!かわいいでしょーーぅ。アンタルヤ市内にいると、そうそうお目にかかれないので、黒ヤギちゃん達との戯れは、結構貴重な時間でした。e-267

新婚旅行で、ぜひにぜひにお越し頂きたかったですなぁ・・・。2週間のご滞在の間に、抜け出せそうだったら、ぜひお待ちしております。e-266(って、そそのかしちゃダメかーー!)

したら、一緒に値切りましょう!e-442

Yokocanサマ♪

ケコワ、遺跡のすごさ!みたいなインパクトは、少々弱めかと思いますが、青い空!蒼い海!(そしておビール。v-275e-266)が堪能できるところだと思いますので、ぜひぜひ一度行かれてみて下さいましーー。

船はサル夫婦に貸切状態でした。イズミル出身の人は、値切り上手なんですか?したら、一度ご教授願いたい!!値切りの達人になれた暁には、「あ、アイツが来たーーー!」なんて、パザルを震撼させるようなスーパー主婦を目指します。(笑)v-220

地中海、来て下さいましーーー。v-10

Shizukaちゃん♪

> 最後の写真は、ネロが天国にのぼっていきそうな感じ。。。

やっぱ、Shizuka嬢、うますぎーーー。オモローポイント高し!v-218

ガイジンだから、なんというか、適当な言い回しでもパワーで押し切れちゃうってーーとこがあるねぇ。函館のカニのオヤジは、逆に手ごわそうな気がする・・・。トルコ人って、案外ノリいいところもあるからさ。

カニとか家電で、ますます修行を積みたい・・・。(どこを目指してるん?私・・・。)

Idilサマ♪

おーーー!Idilさんご夫婦にとって、カシュは思い出の地だったのですねー。v-238カシュ、かわいいお店やレストランなんかもあって、こじんまりとした、雰囲気のいい町だなぁ・・と思いました。ホテルからの眺めも最高だったし、(ペンションやホテルは、山に沿って、高い位置に建てられてますもんねー♪)絶対また行きたい所です。

あれ?なんかやっぱりみなさん、あまり値切るという事はされないようですね・・・。なんかちょっと恥ずかしくなってき・・た・・?e-449

素敵ー!ケコワ、憧れなんです。日本にいた時、眺めていたトルコ語の本にケコワのボートツアーの話が載っていてそれ以来・・・。海底遺跡も見てみたかったし、でも想像以上にすばらしいのですね。行くしかないねー。いつ行けるんだろ。カシュまでは行ったことあるのにな、もう一押しだったな。

Yukacanサマ♪

カシュまで行ったのにーーー!残念!海底遺跡は、大分侵食されてしまっている感じではあるものの、カレからの眺めは、本当に清々しかったですーー。v-353

イズミルからだと、どれぐらいかかるかな・・・。何気に1泊2日で、サクルケントまで足を伸ばせたので、(サクルケントだったら、イズミルからの方が近そう・・・?)Yukacan&メフさんご夫婦も、今年の夏はケコワでクルージング(?)と洒落込まれてみては?v-10

ケコワって響きが可愛い~。無駄に発音したくなる言葉です。
こんな青い海と空見ちゃったら、地中海沿岸から離れられないでしょうねー?
内陸は土色メインです、しくしくv-424って今日本だけど。
最後の写真なんてほんとに荘厳!きっと実物は息を呑む美しさなんでしょうねぇ。
やっぱ老後は海の見える街だわー。

Erikoサマ♪

ケコワケコワケコワ・・・って言い続けてたら、なんか蛙な気分です。e-250

やっぱり、海のある生活は、たまりませんよー。色んな意味で。(気分はいいけど、ありえないほど超日焼け。v-12)日本に帰ったら、めっさうきます。確実に。

最後の写真のカシュに下る道から見た景色は、本当に美しかったです。外国人(しかも、あまり太陽燦々な体験ができない国の人)が、こぞって住みたがる理由も分かるような。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメサマ♪

はじめまして♪

ブログにアップする為に、縮小サイズで掲載してますが、大丈夫ですか?こんな写真でよかったら、どうぞ使ってやって下さいませ。e-266


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/64-09772e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

古代リキアの遺跡を辿る。(まだまだ遺跡。) «  | BLOG TOP |  » 地中海沿岸から遺跡を眺めてみる週末(ペルゲ編)

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。