2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ったつもりで書く日記(ドバイ編)

もうすっかり自分が行った気で綴る日記シリーズ!



★イラン編
★インド・前編
★インド・後編



※クマ(ダンナ)が行っておりますので、綴られている内容は、嘘偽りのない、完璧なノンフィクションです。



書いてるうちに、「マジで行ってなかったっけ?」と、錯覚すら起こしつつあるasakosaruがお届けしております、「行ったつもりシリーズ」。第3弾は、砂漠に出現した魅惑の都市、ドバイです。



Dubai_09_01
中東のメトロポリス、ドバイ。


漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村だったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴ってドバイ首長国が建国され、ここに今に至るドバイの歴史が始まりの時を迎えた。1853年に他の首長国と同時に英国の保護国となる。

(Wikipediaより参照。)



20世紀に入り、周辺地域との自由貿易政策により、中継貿易港としての発展を遂げるドバイは、1966年の海底油田の発見により、近代化がより一層推進されることとなります。

しかし1970年代以降、原油依存経済からの脱却への取り組みと共に、産業の多角化を進め、国外資本や外国企業の進出を受け、後、数十年あまりの期間に、現在のようなメトロポリスへと発展を遂げたドバイ。


Dubai_09_02
「中東のシンガポール」と呼ばれることもあるそうです。


Dubai_09_03
現在建設中のブルジュ・ドバイ。人類史上、最も高い建造物となっているそうです。


内装はジョルジオ・アルマーニが担当し、1-37階はアルマーニホテルが占めるそうで、アルマーニってホテルもやっとるの?と、一人「へぇ」を連発するアサコサル。平民の名を欲しいがままにして3○年。


ところで。


ドバイの住民の90%は外国人。インドやパキスタンなど、南アジアからの出稼ぎ労働者が、そのほとんどを占めているそうです。


インドと言えば、2月に初めてその地を訪れ、その文化にえらく影響を受けた男、クマ。ドバイでもチャンスは逃しません。


Dubai_09_04
ホテルでパーティーに参加していた可愛らしいインド人の二人。(インドの文化とか関係ないけど。)


人口の1、2割を占める首長国出身のアラブ人には、政府から補助金なども支給されているのだとか。とにかく、桁違いにリッチなのだそうです。


Dubai_09_05
クマの働く企業が参加したビジネスフェアに来ていたアラブ人の皆様。風格があります。


Dubai_09_07
ビジネスシーンもエキゾティックです。


街中ショットに戻ります。


Dubai_09_08
青空に向かって伸びるミナーレ(尖塔)が美しいモスク(イスラム教寺院)。

Dubai_09_09
海上に作られた人工島に位置する、★7つの最高級ホテル、ブルジュ・アル・アラブ。

Dubai_09_10
都会ですねー。



あー、もうすっかりドバイ上陸を果たした気分です。(脳内で。)


いや、実を言えば、上陸したことあるんですけども。(空港に。)


いつか出たいな、空港の外へ!(乗り継ぎ専門。)



<本日のおまけ>


Dubai_09_11

ドバイ在住のトルコ人コラムニスト、アイシェ・アルマンさんと、偶然同機に乗り合わせたクマ。酔っ払いついでに、「写真撮ってもいいですか?」とぶしつけなお願いをしたにも関わらず、「ならば一緒に撮りましょうか?」と快く記念撮影に応じてくれたそうです。これからはちゃんと読みますね!ヒュリエット紙。



Blog Ranking Banner ←行ったつもり、3カ国目。(イラン、インドに続きまして。)

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←あなたの清きひとポチをよろしくお願い致します。

● COMMENT FORM ●

うぉードバイ!!!

言って見たい国のひとつです!!
いいなぁ。ドバイ。奥さん同伴とかあれば良いですねぇ。
街中って、キンキラキンだと思ってましたよ~v-32
しかも住人の90%が外国人って!
ドバイって、国ですかー。 市?
よくわかんなくなっちゃった。

行ったつもり

ステキです・・・行ってみたい!
でも行く機会があるとは思えないから、Asakosaruのブログでちゃっかり私も行った気分になってます。

そういう意味ではトルコなんてもう数え切れないくらい行ったことあるしね。妄想で・・・

行った気になりました。

私も空港のみ上陸組です。空港だけでもお金持ち感いっぱいよね。

ドバイってひとつの国としても成り立つ感じ、っていうかドバイっていう国だと思っている人も多そう。

まぁ、Asakosaruちゃんのおかげで私も行った気になりました。次回の未知の国v-233旅行記も楽しみにしてますよ~。

ドバイは10年位前から行きたかった国のひとつなのですが、未だ行けず。
トルコに住むようになったら行きやすくなるのでしょうかね。
あとイエメンも行きたい!が、私の行きたい国は相方がいい顔しない所が多い。
クマさんワンダーランド(私にとっては)ばっかり行ってていいな。

Chieはぬ♪

お金さえあったら、多分一緒に行ってました。v-398(どなたかお金下さい。)

私も、街中はどこもかしこもスーク!みたいな感じなんだと思ってたら、全然都会。ちょっと拍子抜けです。

Wikiで見たところ、ドバイはドバイ首長国(アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ)というそうで、でも同時にドバイ首長国の首都としてのドバイでもあり・・・と、ちょっとややこしいです。

Shizukaちゃん♪

ここのところ、イランやらインドやら、ブログに書いてるだけでなんだかお腹いっぱい。でも、インドとドバイは、チャンスあらば行ってみたいけど。v-10

そうでしょー。私のブログは、「まだ見ぬ未知の国、トルコ」に誰でも行ったつもりになれるように、というのがモットーです。(今そう決定!v-218

チューリップサマ♪

本当ーー、空港だけでもリッチな気分が味わえて嬉しいです。(迷ったんだけど。v-12

ドバイってUAEの首都、と思っていたのですが、Wikiから解釈するに、UAEの構成国であるドバイ首長国でもあり、その首都ドバイでもある、という、実にややこしいことになってました。

「行ったつもりシリーズ」、次も期待できそうと思ってたのに、なんだかキャンセルになりそうです。。。残念っちゅうか、良かったっちゅうか・・・。

ぶるーサマ♪

トルコからだと、3時間半ぐらいで行けますからねーー。一度ちゃんとした意味で行ってみたいのですが、相方が仕事とはいえ、行っちゃったもんだから、行くとしたら一人かも。(もう一度行かなくてもいっかなーって感じらしいのです。v-390

イエメンですかーー。どんな所なんだろ・・・。私は最近、オマーン在住のブロガーさんのブログを読んで、オマーンが気になっております。

クマ、さらにワンダーランドーーー!な所に行く予定だったので、またオモローなブログが書けるかも♪と楽しみにしていたのに、キャンセルになってしまいそうで。。。とても残念。

私もいつも空港にいるだけ組でした・・・
いまはSQで行くと、あそこで9時間くらい待つって話ですね???買い物してお金使ってもらおうということですね。
電化製品とか、化粧品とか、安いんでしょうかね???

いいですねぇー、ドバイ。

お久しぶりですー。
日本からトルコに行くとき、エミレーツで行けば必ずトランジットでよれる国ですねー。
私も機会があったら行ってみたい(願わくば住んでみたい)と思ってます。
空港でやってる、1万円でフェラーリが当たる宝くじは今でもあるのかな・・・。
私も、気分だけ観光させていただきました。イランもインドも・・・。
asakosaruさんのブログに来るだけでリトルワールドを満喫できます♪

アラブ人・・・素敵
その風格に魅かれますたww
この際、アラブ人との結婚もありかなぁv-10

日本のビジネスマンは、ドバイに長期出張などで行く人が結構多いんだけど、そういう国だったんだね、
ずっと気になってた不思議が、解明したぜv-218

私も行った気になりました。もう満足。お仕事でもしっかり愛妻の為にブログ用写真を写してきてくれるクマさん素敵!今度はどこへ行ってくれるのかなあ。自分が行かなくてもお土産待っているだけでも楽しみだね。

Idilサマ♪

うーーーん、トランジット9時間待ちはちょいキツイですねぇ・・・。買い物したとしても、間が持たん・・・。v-393

化粧品全般は分からないのですが、パフュームは若干安めのようです。電化製品もケイタイしか分からないんですが、例えばクマが購入したNokiaの最新モデルは、トルコ価格の半分だったようです。

Nurmelekサマ♪

私、実はエミレーツを利用できたことがないんですが、かなりいい感じのようですねー。クマによれば、FAがかなりキレイだとか。(北欧系が多いのだとか?てか、そんなとこばっか、ちゃんとチェックしてるしー。v-403

> 空港でやってる、1万円でフェラーリが当たる宝くじは今でもあるのかな・・・。

1万円でフェラーリ??そいつは聞かなかったーーー、残念!

ワールドワイドなブログを目指しております。v-218また面白い国をご案内できるといいのだけども・・・。(てか、これ、トルコブログなんだけども。(笑))

アポロッチョマン♪

アラブ人、風格もさることながら、かなりのお金持ちのようなので、ゴージャスなアポロちゃんにピッタリじゃーーん。v-10

ドバイは、ビジネス関係で行く人以外にも、ホリデーで遊びに行く日本人が多いと聞いたけども・・・。それにしても、どこにでも行くよね、日本人。(笑)

Yukacanサマ♪

いやーー、仕事とはいえ、しっかり自分にケイタイを買ってこれるフリータイムがあるようですから。(←まだねにもっている。v-389)でも、毎回写真はいっぱい撮ってきてくれるので、ありがたいです。v-290

次回も、かなーり面白い国に行く予定だったのですが、惜しくも(?)キャンセルになってしまいました・・・。お土産待ってるだけでも楽しいんだけど、あっちこっちに行きたがりの私は、先立つものe-14さえあったら、ぜひぜひ同行したい・・・。

おぉぉ、ドバイ。クマさん写真撮るの上手ですね。
ビル群はどこをとっていいか分からず困りました。(どこもすごいので)
アラブの人風格ありますね。ドバイの人は日本人女性と結婚したい人が多いと聞きましたが
本当でしょうか?
ドバイのパスポートコントロールではだいたい、うちのアールには厳しい態度でも
私の方を向いて「こんにちは」とか「ありがとう」といいニコっとしてくれます。得した気分です。笑
モスクはなんて言うモスクですか?私はドバイのジュメイラモスクと言うモスクを見てみたいんです!!それなのかな?

ありーしゃサマ♪

なんというか、時間がなくて、ほとんど走る車の中から撮ったらしいのですが。やっぱりどこもすごいのかーーー。うーーーん、行きたい!v-10

ドバイでは、日本人女性、モテモテなんですか?石油王に?(←なぜ限定?)ならば、より一層行かねば。(え?)

モスク、キレイだなぁと思って載せたんですが、今撮った本人に聞いたところ、「分からん」だそうでーーー。v-394ジュメイラというのは、私でも聞いたことがあるし、そんなに有名だったらローカルオフィスの担当者が、一言言ってくれそうな気がするので、多分違うのかなぁ・・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/62-84584cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地中海沿岸から遺跡を眺めてみる週末(ペルゲ編) «  | BLOG TOP |  » 私を遺跡に連れてって♪

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。