2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛んでイスタンブール(スルタンアフメットで異邦人になる編)

すでに忘却の彼方か・・・(哀愁)

ジョージ・クルーニー編 <1日目>
ボスポラスで風になる編 <2日目-その1>
ガラタ塔で鳥になる編 <2日目-その2>


最近4キロも太ったのに、ついついインスタント焼きそばの王道(ぺヤング)を食べてしまいました、今。(←懺悔)でも夕飯も食べるよ。(←宣言)こんにちは、今日も快腸、アサコサルです。


飛んでイスタンブールツアーですが、あまりの長期スパンでの展開により、行った本人の記憶すら危うい今日この頃。やはりブログネタもスシネタも鮮度が重要だよなー。








っつーことで・・・








Sushi1
(作: 鉄人アサコサル)


先週末のことですが、もうどうにもこうにもスシを求めて止まない、私の舌が。ところがここはトルコ。その辺で気安く回ってないんですよ。(回ってるっつったらケバブゥー。)となったら自作です。スーパーで、新鮮(に見える)なノルウェーサーモンを購入。一切れ4.75YTL(=400円ぐらいか?)をぶった切り、ドドーンとスシ飯の上にのっけてやったぞ、コノヤロー!


脂ノッてて、トロトロですぅ~。どんぶりの中身には確実に幸せが詰まってました。ちなみにこのどんぶりは、去年アンタルヤを去られてしまった(あれ以来泣き暮らしてます・・・)Chikakoさんから譲り受けました。大活躍してます。謹んで謝謝!!





えーっと、それで、旅行記でしたっけ?(汗)




興味分散型、典型B型ブログへあらためましてウエルカム。それでは、飛んでイスタンブールツアー2007!!(トゥサウザンセヴン)、トゥサウザンエイトにならんうちに、3日目(スルタンアフメットで異邦人になる編)スタート!


******************************************************


<3日目:スルタンアフメットで周遊>


<12日(金) 10:30>

ソフトジョージ(※ジョージ・クルーニー編・要参照に見送られ、ホテルを出た我々は、急ぎ足でトプカプ宮殿へと向かいます。友人B子は明日、A子よりも先に日本に戻る為、今日1日で、スルタンアフメットの観光スポットを隈なく周る予定。


がしかーし!トルコはちょうどシェケルバイラム(砂糖祭)という休日にあたっており、どこもかしこもオープンが13時以降・・・。しかも私も結構楽しみにしていた、グランドバザールやエジプシャンバザールは休日の3日間完全クローズだって・・・(涙)。イスタンブール観光をお考えの皆サマ、トルコの休日にはくれぐれもご注意を・・。


というわけで、時間が空いちゃいました。そんな時はやっぱりショッピングです。


Topkapi3

ナザルボンジュ(有名なトルコの魔除け)13コで10YTL(=約900円)


Topkapi4

でまぁ、こんなこともやるよね、一応。



そうこうするうちに、時間が来ました。



<12日(金)13:00: トプカプサラユ(トプカプ宮殿)


ゲートオープンと同時に、オープン前からの待ち組み猛ダッシュ!で皆、チケット売り場に急ぎます。見ればそこにも長蛇の列。休日で、しかもオープンもいつもよりも遅く、という状態で、皆同じ時間に殺到しそうな事ぐらい予想できそうなものなのに、何故か開いてる窓口は一つ。当然血の気の多いトルコ人同士がケンカをおっぱじめる・・・。観光客も何事か、とザワザワし始める・・・。


騒然とする中、思いっきり割り込みで(ゴメンよ)チケット4枚ゲットしてきました、うちのクマさん。でかいのによく無事で入られたもんだ。(ある意味エライと言うべきか・・・。)


金角湾、マルマラ海を臨む小高い丘に建設されたトプカプ宮殿は、15世紀半ば~20世紀初頭にかけて強大な権力を誇った、オスマン朝のシンボルとも言うべき存在。例によって細かい説明はトプカプ宮殿-Wikipediaをご参照あれ。(怠慢)


Topkapi5

美しいイズニックタイルがふんだんに使われていますが、実はここはスンネットオダス(割礼の間)の入り口。


Topkapi6

アルズオダス(謁見の間)の天井を飾る美しい装飾。


Topkapi7

スルタンは王の目と呼ばれる小窓から謁見する。


Topkapi8

中庭から見る金角湾。清々しいー。


ほぼ2時間かけて周りましたが、ハレムは時間が合わず断念。そうそう、それともう一つ忘れてならないのが、86カラットのダイヤモンド、「カシュクチュエルマス(スプーン屋のダイヤモンド)」。残念ながら写真はないですが。我々が行った時期に、ちょうど日本で「トプカプ宮殿秘宝展」か何かが開催されていて、実際、宝飾品の何点かは日本に出張中。が、このダイヤモンドは無事拝むことができましたー♪


<12日(金)15:00: スルタンアフメットジャミィ(ブルーモスク)


イスタンブールのモスクと言えばこちら、スルタンアフメットジャミィ。(←再びWikipediaより。お世話になってます。)


Blue Mosque1
写真では分かりづらいですが、内部のステンドグラス部分は、ブルー。これがブルーモスクと呼ばれる所以か?厳かで幻想的な雰囲気に、言葉もなく見上げて続けてしまいました。


ところで。カラオケに行った時、何気に古いトコついて、たまに披露するのが久保田早紀の異邦人。(←ブログ右列一番下の動画検索に、Keyword「異邦人」でぜひ。レトロな画像と共にお楽しみ頂けます。)


何故ゆえに唐突にカラオケか、と言えば、カラオケの画像に出るんです。↓
Blue Mosque2



と言うことは、久保田早紀が歌う異邦人はつまり、「トルコの日本人」ってことか。(いや、イメージだからね、映像、多分。)しかし、おませなアサコ(10歳)がレコードで繰り返し聴いてたからね、異邦人。私がトルコに来るのも時間の問題だったってことか。(そうなのか?)


「子供達が~♪空に向かい~♪両手をひ~ろ~げ~♪」よく歌いました。子供達が空に向かい=希望に向かい、両手を広げて希望を掴み取ろうとしている・・・。遠く長いシルクロードに思いを馳せながら・・・






と思いきや・・・





子供達、空に向かうどころか、異邦人ガン見。ガン見に次ぐガン見ですよ。あんまり見つめられすぎて、恋に落ちるかと思った。それに、一緒に写真を撮りたがって群がってくる。異邦人、人気大爆発。あまりにも次から次へと声がかかるので、取り合わなかったが、どうせなら、「ジャッキー・チェンの姉です。」(※トルコ人は、日本人か中国人か韓国人か区別がつかん)とかウソついて撮らせてやりゃ良かった。(悪人)



というわけで3日目(後半)に続く・・・。(いつ終わるんだろう・・・。)



←押すとともれなく、トルコに行った気になれます。
関連記事

● COMMENT FORM ●

i-57鳥や雲や~♪ 夢までも~♪
i-57掴もうと~♪ している~♪
おっと歌ってしまったi-278
素敵ね~ブルーモスク!言葉を失う美しさって、そうそうお目にかかれるものじゃないなー。
サーモン丼も素敵。薬味ネギでも散らしたいところですな。相変わらずガッツリ喰ってて頼もしい。

すーしぃー!!

なんてダイナミックな盛り付けっ!!
豪快なアサコちゃんらしく、笑っちゃいました~v-14どんぶり、愛用いただいて嬉しいわーっv-238

ところで、スルタンアフメットジャミィの天井部分、すんげー写真上手だね!!綺麗綺麗☆

ジャミィから流れるエザーンがちょっぴり恋しくなったわ~。(心が疲れているのかっ!?)

まぁ、でも麗しきジャポン クズラール(日本のお嬢さん)が3人も歩いていたら、がん見されまくりも仕方ないねぇ~。

日本人が外国人を見るときに、チラッと見るような感じじゃなくて、トルコ人は、モロ「凝視」!!遠慮を知らない見方だよね~(笑)。

ま、悪気がないから許してあげましょ・・・はは。

いくかふちゃん♪

異邦人ね、結構はずせない定番なのよ。声が出やすいっつーか。Youtubeの画像見てみ。渋いよ。

厳かな雰囲気ではあったんだけど、実は天井に見とれてる私の後ろで、おっちゃんが掃除機かけてた・・・ってオチあり。。モスクに入るには頭にスカーフ被ってから入らないといけないのだけど、後々、私のその時の写真が話題になってた、内輪で。(どんだけ似合わないんだと・・・。)

薬味だよねー、そういう大人な機微っての?きかないんだよねー、相変わらず・・・。(早く食べたくて盛る前から、少し食べだしてたし。)

Chikakoちゃん♪

めちゃめちゃ愛用してまふ♪そば、うどん、大好きだからね~♪でもすし飯も盛っちゃったよ。結構な量になったけど、クマよりも先にとっとと完食したし。v-398

本当、もろガン見だったけど、こんなに写真撮りたがる子達が多いとは思わなかったよー。まー、私達がビューティホーだから仕方ないのかしらー。e-273


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/5-26938937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トルコでピアノフェスティバル «  | BLOG TOP |  » ゴールデンオレンジ映画祭2007

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。