2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bodrum(ボドルム)

うっかり、対決させて満足してましたが・・・。

日本vsトルコ、温泉対決!

に続きまして・・・。


去る12月上旬の長期休暇を利用して、のんびり温泉に浸かってみたサル夫婦。実は、旅はエーゲ海側まで続きます。


エーゲ海側のトルコ第3の都市・イズミルを経由し、目指すはBodrum(ボドルム)!


ボドルムは、トルコの南西端・エーゲ海側に位置するトルコ屈指のリゾート地。外国人観光客はもちろんの事、イスタンブル辺りからやってくるトルコ人にも人気だそう。そういえば今回も、冬の閑散期にも関わらず、イスタンブルナンバーの車をたくさん見かけました。


坂道が多いボドルム。狭い路地をくねくねと進み、なんとか駐車スペースを確保。寒空(アンタルヤよりもグッと寒く感じたエーゲ海側)の下ですが、夕暮れのボドルムを散策します。


Kur08-bod_1Kur08-bod_2Kur08-bod_4Kur08-bod_3



さて。次は一人、ボドルム城でたそがれます。
(クマはすでに学生時代に見て回っているので。)



Kur08-bod_5
1960年代以降、水中考古学博物館として公開されています。


ビザンツ帝国時代に沈没した難破船や、難破船から発見された古代の品々などが展示されています。だから、「水中」なのかー。


Kur08-bod_10Kur08-bod_11
古代ギリシャ人は、こんな風にして、オリーヴオイル・植物油・ワインなどを保存、運搬していたのですねー。


実は閉館間際に入ったのと、一人だったせいもあって、結構ちゃっちゃと見て回った感じなのですが、一番良かったのは、ボドルム城から見る風景の数々。


Kur08-bod_6Kur08-bod_7Kur08-bod_8Kur08-bod_9


ボドルムの建物は、全て白を基調とするよう法律で定められているそうです。夏の太陽に映える真っ白な建物と真っ青なエーゲ海。さぞかしキレイだろうな・・・。


という事で、次は夏真っ盛りの頃に来るぞー!と心に誓いつつ、ボドルム城を後に。


Kur08-bod_12 歴史の父・ヘロドトスに別れを告げて・・・。



再び、港をぶらぶらと散歩。



停泊しているクルーザーの数々。名前らしきものが英語、ギリシャ語、ロシア語などで書かれています。中でも一際、サル夫婦の目を惹いたのは・・・





Kur08-bod_13
これはもしや・・・





Titanic
あわよくば、こんなことしようとしてませんか?





夏は夜通し眠らない街・ボドルムも、冬場はやっぱり静かな佇まいです。しかし、冬に来ようが、「一杯飲ませろ!」なサル夫婦。とあるパブに入りました。


外はひっそり静かなのに、一体全体どこからやって来たのか、若者で一杯のパブ。80年代ロックがガンガン響きます。しかし下手すると、サル夫婦よりも15歳近く若そうな面々に囲まれて飲むビールは、ちょっぴり苦かった・・・。(80年代ロックは私達のためですか?とか聞きたくなったし。)


そうしてボドルムの夜は更けていった・・・。
(若干のせつなさを残しつつ・・・。)



翌日は生憎の曇り空。でも・・・



Kur08-bod_14
ボドルムはやっぱり美しかった・・・。


地中海とはまた違った顔を見せるエーゲ海。エーゲエリアの街は、雰囲気もどことなく違って、近い外国にやって来たような感じがしました。また車をかっ飛ばして、遊びに来たいと思います!



Blog Ranking Banner ←やっぱドライブ最高!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←応援のひとポチをよろしくお願い致します。
関連記事

● COMMENT FORM ●

気になったんだけど、イズミル経由?経由?

ボドルム、私もチラッと歩いただけなんですけれど、ぜひもう一度行きたいのです。ボドルム城も閉館時間過ぎててたそがれることできなかったし…。ボドルムのメトロで味噌とかうどんとか仕入れたいし。

よい年をお迎え下さい!来年も元気いっぱいのAsakosaruブログを楽しみにしています。

うひょひょー!

ボドルムじゃぁないですかぁ~!いいないいな。
ボドルム城からの眺め、いいですよねぇ。海原を行く帆船などを眺めつつ、うっとり.....。
で、やっぱりパブははずせませんよね!ボドルムは、冬でも結構賑やかなようですね。有名人、見ました?
あ、うちのダンナは、若い頃、○○のひとつ覚えのように、夏休みといえばボドルムに通ってたそうですわ。おいおーい。
かく言う私も、老後の住まいはボドルム希望でございます。

では、よいお年をお迎えくださいね♪

Yukacanサマ♪

> 気になったんだけど、イズミル経由?経由?

経由しちゃったー。v-398実は、サライキョイ(温泉のとこ)にいる間、全くのノープランだったのですが、突如決めてイズミル入り。もちろん、Yukacanさんの事を心に浮かべながら♪IKEAにも行きましたよー。

ボドルムは、独特の雰囲気があって、トルコ国内なのに、外国にいるような・・・そんな気分にさせられました。次は絶対夏に行きたい!!メトロにうどん売ってるんすか??うひょーーー!

来年も、こんな調子でつらつらと書いていきたいと思います!どうぞよろしく♪

Yukacanさんも、良いお年をお迎え下さいー。v-353

Yokocanサマ♪

Yokocanさんも、ボドルムレポを書かれてましたよねー。(もちろん、もっとディテールを盛り込んだ本格的な感じで。)

私は今回初ボドルムでしたが、すっかり気に入っちゃいましたよーーー。なんだか外国に来た気分でした。(何故か。)有名人は見れなかったなー。(多分)

そうそう♪Yokocanさんなら、絶対「パブははずせん!」とおっしゃると思ってました。v-275

私も老後はアンタルヤ続行か、ボドルムかなー。(とか言って、また変わるかもだけど。)

来年もどうぞよろしくお願いします♪Yokocanさんも良いお年をお迎え下さいー。v-353

はじめまして

エーゲ海の街ボドルムv-238

2006年に行きましたよ。
写真懐かしかったです。
6月だったので暑いのなんのって!
夜中の12時過ぎでも30℃以上でした。
ホントに眠らない街ですね。

日本人は私と友人の3人だけしか見当たらず、話しかけてもフランス語とかドイツ語でビックリ!でした。

一日クルーズで澄んだ真っ青な海で思う存分泳ぎ、美味しい魚介を食べ、遊びまくった4日間でした。

カレはやはり1人で2時間くらいかけて見学しましたがやはり絶景に惹かれ写真沢山撮りました。

是非夏に行ってみて下さいね。

Yaseminサマ♪

はじめまして♪コメントありがとうございます。v-10

眠らない街ボドルムなんですねぇー、本当に。今度はぜひぜひ!夏に行ってみたいです。v-220

> 一日クルーズで澄んだ真っ青な海で思う存分泳ぎ、美味しい魚介を食べ、遊びまくった4日間でした。

いいですねぇーー。v-353聞いてるだけで、テンション上がってきました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/47-8ac636ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008年総括 «  | BLOG TOP |  » 12月24日

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。