2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコから地中海を眺めてみる日記-2

Side1

アサコサルのイチオシ観光スポット、スィデの「アポロ&アテナ神殿」


とりあえず、シリーズものです。→アンタルヤ1日目・地中海で漁船クルージング


**1日目のおさらい(ブログには全部書いてないんだけど。)**

初のトルコ上陸を果たされたワタクシの美しき元上司Rさんをアンタルヤでおもてなし。ビーチのカフェで昼間っからビールショッピングセンターをウロウロカレイチ(旧市街)散策漁船(か?と思わせられる類いのボート)でクルージング(っぽいもの)海の見えるレストランで、波の音を聞きながらディナーターーーイム♪初日で、Rさんの心をグッとワシヅカミ。(おそらく。)


というわけで翌日は、アンタルヤから70km程離れた、アサコサルが観光親善大使にでも勝手になりたいほど、オススメの遺跡スポット、アスペンドススィデでRさんをおもてなし。


と、ある晩ここまで下書きしたんですけども・・・。






Funny
 
※このなんともかわいらしい画像は借り物です。


真面目にこんな感じで、つっぷして寝てました、自分。(本当です。)起きたら思わず笑っちゃったんですが。


ま、そんなプチ情報は右から左へと受け流して頂きました上で、本文です。


*****************************************


愛車とは先日、お別れした為、クマお父さんの車を拝借して出発です。(ちょっとガタピシです。)


45分程で、最初の目的地、アスペンドスに到着です。


ヘレニズム(←世界史がお好きな方、どうぞ♪)・ローマ時代の古代劇場跡で、保存状態が素晴らしく、現在でも夏になると、オペラ、バレエ、コンサートなどの目的で使用されています。ちなみに去年は、トルコが生んだ天才ピアニスト、ファズル・サイのコンサートを見ましたよー。


Aspendos1Aspendos2Aspendos3Aspendos4



最後にある上から下に向けて撮った写真も、オペラの時になると・・・、


Aspendos5

こんな感じでステージが設置され、ちょっぴり華やかになります♪


今年のアスペンドス国際オペラ・バレエフェスティバルは、6月7日~7月3日まで。もしこの時期に、トルコへの旅行を考えてる方、もしくはアンタルヤ遊びに行くべーーーというトルコ在住の方、このフェスは一見の価値ありです!プログラムは、こちらからご覧下さいませ。



アスペンドスから次の目的地、スィデまでは、およそ20分。近いです。



スィデについては、私の旧ブログアサコサル的トルコ生活・スィデで遊ぶでも触れてますが、サル夫婦思い出の場所であります。ニッポンの父母が遊びに来た時にも行ったし、去年半年間ほど、週末婚状態に突入した時には、週末の度にせっせと通った場所でもあるので。


紀元前7世紀頃に、ギリシャ人の定住によって形成された貿易港都市で、ローマ時代の1、2世紀頃までにはアナトリア(小アジア。現在のトルコ領土のアジア側部分を示す。)の重要な商業都市として繁栄し、現在残る遺跡の大部分は、その時代からのものだそうです。


スィデの中心地に入ると、そこはもうすでに遺跡群。遺跡の中を歩きながらアポロ&アテナ神殿を目指します。


Side2Side3Side4Side5Side6



町全体がすでにアンティーク。ステキすぎませんか?日本からのツーリストには、あまり知られてない(ガイドブックでもあまりページを割いてないし)のが、ヒジョーにもったない!(今日の私はアツイです!)


町の中心に入ると、たくさんの貴金属やバッグ、皮製品のお店が並んでいます。(ロシア人観光客が多いせいかも。)


町を歩けば、あなたもセレブ気分。(「ジャポン?ジャポン?」攻撃による。)


そうこうするうちにヨットハーバーに着きました。


Side7

漁船はどれかなー?(ぜんぶー?)


ヨットハーバーを前に左側へ進むと、いよいよ見えてきましたよ。


Side8Side9



残っている部分はわずかでも、白い円柱と青い地中海の織り成すコントラストが美しい遺跡です。悠久の時を感じます・・・。


Side10Side11



というわけで、Rさんをおもてなしする、アンタルヤ・アンタルヤ近郊散策日記、今回はキレイにフィニッシュです。どうもありがとうございました。


P.S. Rさんの本当のトルコの旅は、アンタルヤ以降始まった・・・と言っても過言ではないくらい、面白いお話をたくさん伺いましたので、それはまた番外編にて・・・。



Blog Ranking Banner ←みんなでスィデに行こう!協会会長に就任。(脳内で。)


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←ポツィーッとよろしくお願い致します♪
関連記事

● COMMENT FORM ●

しゅてきぃ~♪

なんともラブリーな場所ですな。
秋に行ったときに行ってみようかな。
今ジャパンは早朝。トルコの試合を観てるのよ!サッカーはからっきしなんだけどパパンに録っておけ言われて雑事をしながらながめております~。

あ、オチがなかった・・・。

Sideいいですねー。地中海方面まだまだ行っていないところばかりです。EGEに比べてやっぱりなんかこう成熟した感じがあるのよね。大人の魅力・・・。

Rさんに会ってきたよ

いろいろ話聞きました♪
ワタシ的には、漁船クルージング~船の先端で鳥羽一郎並みに海と戦ってる男性がいた~というのが一番笑えましたわ。Rさん「Asakosaruはあっさり書いていたけど結構すごかった」とおっしゃってましたわよ。
それから、Asakosaruがトルコ語で1日のできごとを怒涛のように話しまくっても笑顔で聞いてくれるクマさんをベタボメでした。あたしゃトルコ語で喋り捲るAsakosaruを想像して大笑いでしたわ。さすが、母国語でなくても止まらないのね・・・あなたのべしゃりは・・・

Akkoサマ♪

本当にラブリーな場所ですよ!ぜひぜひ♪(ほら、観光大使だからv-433

サッカー、うちのTVで見れなくて、(何故か)わざわざいとこの家まで車飛ばして出向いたのに、負けてましたね・・・。v-12

Yukacanサマ♪

あ、気付かれた・・・。v-399
(オチのないアサコサルブログなんて、塩の入ってないアイランみたい。←うまいこと言った!v-398

地中海、エーゲに比べて大人の魅力かぁ・・・。なるほど。Sideね、本当なかなかステキですよ。ぜひぜひ♪(観光大使だから。←しつこい。v-389

Shizukaちゃん♪

「鳥羽一郎なみに海と戦う男」デターー!あー、やっぱRさん語録、すごいわーーー。的を得てる、うん。

ちょっとあっさり書きすぎちゃったかしらーーん。本当ね、Rさんの後日談がめちゃめちゃおもろいんだよーーー。これを全部まとめてアップしようと思ってるうちに、忙しくて時間が過ぎちゃった・・。v-399

でも書くけど。ウフ。v-413

私がどんな言語でも、怒涛のようにしゃべくりまくるのを、モナリザスマイルでもって受け止める男、クマ。私の面倒を見れるのは、こいつしかいないと思う、マジで。(でもRさんの前で、大分猫かぶってたよ、クマちゃん。v-389

トルコって

トルコもいつか行きたいな~と思ってるんですが
遺跡がかなり多いのですね。
あの、オペラ開催時の画像なんて、もう最高ですね♪
これはスケジュールをチェックして行かねばって思います。
昔の人はこんなに重たい石をせっせと運んで作ったんだなぁ・・。
違う方に関心してしまいました。

私もなんとなくなにかが違う・・と思ったらば、そう、おちがなかったわけですね。(クリ-プの入ってないコ-ヒ-なんて・・・?こちら向けだと、COFFEEMATEの入ってない・・TAN SAGTURK版になるのかしら・・)どうでもいいことですが・・SIDEといえば、大昔、新婚時代に出かけてらくだとポ-ズを決めて(乗らなかったけど)撮ってもらったら、私らをみつめる2人のクロめがねの兄ちゃんも写っていて・・おいおい・・
アンタルヤでは船のTURは参加したことないのでぜひしてみたいです。

自分に精一杯で、なかなかブログに訪問できなくてごめんなさい~

いいなーシデ。結局去年はいけませんでしたね。

トルコは遺跡が多いねえ。海と遺跡とセットで見れる場所がうじゃうじゃあるなんて。うらやましいです~
昨日今日はLondonはめずらしくとても暑くて、昨日はアイスなぞ買ってしまいました~ それでもトルコの海がなつかしいです。ドンドルマ食べたい。

ありーしゃサマ♪

そうだそうだ!何気に近いですから、(近くない??)ぜひぜひ遊びにいらして下さい!v-10地中海、エーゲ海沿岸が、個人的には特にオススメでございます!v-218

遺跡に囲まれた町を歩いていると、確かに、古代の人が、一つ一つ築き上げたもの、そしてその時代の栄華の名残りみたいなものを感じて、ただただ、「すごいなーーー」と思っちゃいます。

Idilサマ♪

Coffeemateの入ってない、Tan Sagturkヴァージョン!ウハハ、本当だーー。クリープのないコーヒー、トルコ版ですな。細かい突っ込みをありがとうございます。v-413

Sideには新婚旅行で行かれたのですかー。では、Idilさんにとっても思い出深い場所ですねv-238(クロめがねのお兄ちゃんはオジャマでしたねぇーーー。e-281

アンタルヤの漁船ツアー(だから、違うんだけども・・・・e-263)、ぜひぜひ一度お試しを。v-392

Riaサマ♪

旅行の合間に、めっちゃがんばって更新してるみたいだもんねぇーー。うちは大丈夫よ!気が向いた時にでも、遊びに来てチョーダイ!(比較的下らないノリのブログだけど。)

Side、行ってなかったんだっけ?そいつはもったいない!次回はぜひ♪私は逆に、ロンドン行きたいなぁ・・・。もうかれこれ7年になるし。。。。v-501

SIDE

うわっ、懐かしい~。アンタルや方面って、「あれ、こんな所に?」って場所に何気に遺跡が散らばっていますよね。大規模な遺跡もスンバラシイんですけど、シデとかカシュとかこじんまり遺跡って可愛くって好きです。その周りの町並みも素敵なんですよね~。

あーん、アスペンドス。今度はコンサートのある時に行ってみたいです!
ペルゲはパスしちゃいました?

綺麗だなぁー

まだ見たことの無いアンタルヤ。
いいなぁ。白いなぁ青いなぁ。
 旦那とも行ってみたいけど、やっぱ日本人女子友達と行きたい!(旦那じゃ規制が厳しすぎる)
 いつか行きますぞー。(涼しくなってから)
鳥羽一郎見ますぞー。

Yokocanサマ♪

コメレスが遅くなってごめんなさい!!

シデは、こじんまりとした雰囲気と、シティセンターに入ると、町全体が大きなひとつの遺跡みたいになってる所が好きなのです!ヨットハーバー周辺は、昼間っからビールをあおる外国人達、そしてその先には海辺にたたずむアポロ神殿・・・てのが、なんかイキじゃないですかー!v-10

アスペンドスはコンセルある時にでもぜひv-238ペルゲ行ってみたいなーーと思いつつ、なんかいつも通過してしまってます。なんでやv-361

ちぃぼぅサマ♪

アンタルヤ、ぜひにおいでませ。ニッポン人女子をご所望なら、ここにもいまっせ。(ちょっとでかくて、早口で、おしゃべりで、うっとおしいけど。v-14

今、自分のブログにあるアンタルヤの気温みたら40℃なんすけど。。。。v-12え?今6月・・・・。

鳥羽一郎見にきて下さい。v-466


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/28-1f1f3b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここがヘンだよ、トルコ人 «  | BLOG TOP |  » トルコから地中海を眺めてみる日記-1

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。