2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハを歩く-3(忘れた頃に完結編)

今更ーー?な完結編を読まれる前に・・・。

プラハを歩く-1
プラハを歩く-2
プラハを歩く-2(の後半♪)


もはや、プラハのプの字も忘却の彼方・・・。
(↑アンタルヤはすでに初夏。)


記憶も、プラハで見た春の雪のごとく、淡く溶け出していきました。
(↑ウマイことゆうたつもり。)


なのでプラハ旅行記完結編は、「思ひ出写真館」です。
(↑ウマイことまとめたつもり。)


****************************************

<3月22日-3日目>


やはり日頃の心がけの良い子は、ここぞって時に晴れるのです。


Prague37Prague38

晴れた日のカレル橋は、またちと雰囲気が違ってステキ。

Prague39Prague42

こちらの皆さんもお散歩中。(若干一羽、違う方が紛れ込んでるが、鳥類皆兄弟。)

Prague40

石畳の道が絵になるのです。


散策中、ちょっと面白い道に出会いました。


Prague41

人一人、やっと通れるぐらいの広さ。世界で最も狭い道だそうです。きちんと信号までついております。


お次はフランツ・カフカミュージアムへ。


Prague43


フランツ・カフカの作品で思い出すのは、学生の頃に読んだ「変身」。


Prague44 Amazonのレビューはこちら。


朝、目が覚めると、突然自分が巨大な芋虫になってしまっているという、奇想天外な物語。元々当時、Twin Peaksというアメリカのドラマシリーズで、FBI捜査官を演じていたカイル・マクラクラン(ちなみに最近では、「Desperate Housewives」(邦題:デスパレートな妻たち)というアメリカのドラマシリーズに出演してます。いやーー、老けたなぁ・・・。)が大好きで、彼が主人公のJosefKを演じた映画版「トライアル」を見て、そのミステリアスな魅力にすっかりはまり込み、カフカに興味を持った・・・という、実にミーハーなノリなのであります。


読書の趣向として、「不可解」「不条理」「怪奇(でもホラー読むと、夜トイレに行けなくなるというジレンマ)が、意外と好きなワタクシ♪なもので、カフカの作品は、たまに読み返したくなります。この辺の分野は、「色々と解釈しようとする事自体が無駄」な感じなので、意外とさらりと読めますです。「不条理な世界につかりたい」という方、ぜひご一読をば。


(とか言っちゃって、トルコ来る前に、しっかりブックオフに売り飛ばしてきた事には目を瞑る方向で・・・。)


ちょっとマニアックな方向にずれてきたので、「思ひ出写真館」に戻ります。


Prague45Prague46

ユダヤ人地区とシナゴーグ。

Prague47Prague48

やっぱり不可解?なフランツ・カフカの像と、ユダヤ人地区で見つけたトルコ&レバノン料理のレストラン、その名も「Antalya」。


あ!そういえば、まだ行ってませんよ、アサコサルのオアシスに。


Prague49

やはりドイツ人はビールが似合う。 


もう少しチェコらしいパブに行く予定が、寒くて思わず入っちゃったよ、スポーツバー。
(イギリス人騒ぎすぎ。)


パブで一杯、エネルギーを注入後、向かったのはプラハで最も高い位置から、街を一望できる場所。


Prague50

高さ216mのテレビタワー。

Prague51

エ、エイリアンかーー!!


ではなく、赤ちゃんがハイハイしております。街全体がおとぎの国ようなプラハに、突如ドーンと構えるこちらのテレビ塔。街の風景の調和的に、あまり評判がよろしくないのだとか。(個人的にはシュールで好きですが。)


さぁ、チェコの旅もいよいよ終盤にさしかかって参りました!チェコ、最後の夜は「中世ナイト」です。

(なんかあまりいい写真がありませんが、雰囲気だけでもお楽しみ下さいませ。)


Prague52Prague53Prague56Prague57Prague55

一部、へび使いとか、ドSっぽい人が写ってますけども・・・。


プラハ郊外にある、中世をイメージしたテーマバーのような所で、日本では見かけるタイプ(監獄バーとか色々あるじゃないですかー)ですが、こういうテーマバーのない(たぶん)トルコ出身のうちのMr.あんぽんたんは、とーーーーっても楽しんでました、特に女性ダンサーを。


いやいや、特にビールをね。(マジでウマかった!)


翌日、春の雪に見送られながら、プラハを後に・・・。


Prague58



というわけで、4回に渡りましてお届けして参りましたファンタスティック・プラハ旅行記。これにて完結。


また会う日まで、御機嫌よう。(with 世界の車窓からのエンディングテーマで。)



Blog Ranking Banner ←次回は地中海が登場!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←プラプラ~っとプラハ~ついに完結。
関連記事

● COMMENT FORM ●

カフカーーーーーー

 読みましたヨーーーーーー
かなり気に入ってる作品です。読み終わるのが辛かった思い出が・・・(宮部みゆきの「我らが隣人の犯罪」も読み終わるのが悲しかった)
 あー。カフカ。また読みたくなった・・・
中学の時はひたすら読書でした。

 ファンタスティックプラハに戻ります。
最後のお天気、しあわせですねー。
 テレビ塔、すごい!かわいい! 一瞬登ったのかと思いましたよ? あの細い道では、信号無視したら絶対ダメですね。 通れない人もいるのかしら。
 プラハ春の雪。寒そう・・・ 

今、両親が来ているので、チィボゥのオアシスも久しぶりに。(普段なかなか買えない) 夜中に父と二人で、かいひもとトウモロコシのからいやつつまみに・・・ うふふ。


思い出のカイル・ナイト

カフカ・ミュージアムの中が気になる~!!
ビールうまそう…
山形も初夏の日差しでねえ。マジでビール飲みたい…。

関係ない話でごめんだけど、the musicの最近のビジュアル見た?ロブの髪型、見れ!

やっぱり・・・

ヨーロッパに上陸する事にした。この写真を見て、決めました!!来年位に、ヨーロッパ上陸、宜しく!

イモムシ

最初と最後の写真が同じ地域だなんて全然思えないですね!
あとテレビトウの赤ちゃんもなんだかすごい。目が釘付けになりました。
そのイモムシの・・私もそれ系読んだことある!
いじめられてた男の子が腹いせにイモムシとか虫を殺し続けるの。そのうち食事にイモムシが乗っかっているように見え・・そのうちお弁当の中身が全部イモムシに。おなかがすいてイモムシを食べちゃうんだけど・・最後にはその男の子がイモムシになっちゃうの。
って・・根底から違ってる!?これは日本のホラーまんが。
失礼しました・・。

おもろい!!

やっぱり一番印象的なのはテレビ塔。なぜ?なぜ赤ちゃんが??

それからあの細い道の信号は意味があるのでしょうか・・・と思ったら、すれ違えないからってことか!!!!

いやー、楽しませていただきました。

いずれ私もプラハに負けないファンタスティック・足立ぶらり散策記でも書きましょ。




ミーハーついでに私もコメント!
この俳優さん出てる映画、ドラマ、結構見てます。STC、デスパレートは大好き。
最近の写真を今見ましたけど、老けててショックでした。
テレビ塔の赤ちゃん、シュール~。荘厳なヨーロッパ建築ばかり見た後はこんなので息抜きしたいですよねぇ。

エイリアン…

赤ちゃんなんですね。あはは!
アンテナの部品か思いました。言われないと素通りするかと。
で、この道すごいですねぇ。閉所恐怖症気味の私には通れそうにないな~。写真を見直すとやっぱり鳥肌が…。こわ。

ちぃぼぅサマ♪

おーー!ちぃぼぅさんもカフカ読まれたましたかー!しかもかなりはまったくちだー!仲間♪仲間♪(と言っても、私はちょいミーハーのりだけども・・・。)宮部みゆき、私も結構読みますヨ。ちなみに、ちぃぼぅさんがはまったヤツは読んだ事ないです。今度ぜひ読んでみますです!v-87

テレビ塔、よじ登らなかったけど、登りましたよー。一応展望台レストラン的なものをあるようです。(入らなかったけども。)

ちぃぼぅさんも、今はオアシスをエンジョイ中ですなーー。v-275私もカイナナと同居中は楽しめなかったから、同じだよーー。お父サマも娘さんと晩酌、嬉しいでしょうねぇ。v-398

完結編もたっぷり笑わせていただきました。空の青がすっごいですね。トルコの青空とはまた違ったちょっと寒そうな青さ。でもやっぱりビールなのねー。アサコサルさんを見ているとお酒を飲む喜びを知らないって何か人生で損をしているような気になってくるわ。この細い道の信号は、何のためにあるんだろう?まさか車が通るとか?あははv-231

Ikukafuちゃん♪

コメント書くの、これ3回目なんだけども・・・。(何度書いても消える・・・。ミ、ミステリー!!v-399

てことで、カイル・ナイトですよーー。デューンとか、ララ・フリン・ボイルも出てたストリートキッズの話とか、(タイトル忘れた)豪華4本立てだったかんね。銀オー(銀座でオール)だったかんね。(なんてマニアック。v-391

ま、こんなマニアックな所に住んでしまう事になったのも、今思えばあの頃から始まっていたのだろうね・・・。

カフカミュージアムはかなり良かった。大して広くないのに2時間ぐらいいたよ。モルダウの流れをBGMに、ショートフィルムとか、映像を駆使したアーティスティックな空間とか、もろアサコサル好みだったぜ。v-398

Robの画像ググッたけど、よう分からん!!なになにーーー!何が起こった?ところで最新のシングル、いいね。v-414

Sawaちゃん♪

いやーープラハ、よかったよーー!!これぞヨーロッパ!って感じの街並みで。v-254

来年辺り上陸ですかー?来年またヨーロッパ行くか分からんけども、近くまで来たらトルコにも寄るべし!!(ちょっとカルチャーショック受けるかもだけどぉー。ウシシv-516

ありーしゃサマ♪

そうなんです!3日目の朝、ピカーッと晴れたかと思ったら、翌日雪ですから。v-276本当寒かったわーー。

その日本のホラーまんが、グロいっすねーー。でも最後にイモムシになっちゃうんだー。そこがホラーっぽいですね。カフカの変身は、「最初からイモムシ設定」なところがなんとも不条理なのです。v-236

Shizukaちゃん♪

本当シュールでしょーー。何故赤ちゃん???近くで見ると3人ぐらいの巨大な赤ちゃんが、柱をハイハイしてるわけ。摩訶不思議・・・。v-73

ご丁寧に信号がついてる所が、なんともかわいいかったよ。確かに人が二人、すれ違えないような狭さだから、真面目な目的で信号つけてるのかな?それともちょっとしたギャグかな?

「ぶらり足立区散策日誌」とかちょっとやってみて欲しい。案外いつも通る道すがら、新しい発見があったりするかもだよーー。e-266

Erikoサマ♪

おーー!ご存知でしたーー?私もSATC好きです!!たまにDVDで見返したりしちゃう。今度映画版も公開されるんですよねーー。楽しみ!!「デスパレート・・」も欠かさずではないけど、見られる時はチェックしてます!

最近のカイル・マクラクランはすっかり年とっちゃった感じ。学生の頃見た時は、黒髪に端正な顔立ちで、モロタイプv-238だったので、オールで彼の出演してる(マニアックな)映画を見に行ったりしてました。v-10

おとぎの国のシュールな一面ってのも、結構かっこいいのかもですなーー。v-353

Rinaサマ♪

この写真からすると、あんまりはっきり目立ってないので、素通りしそうに見えるかもしれないですけど、近くで見ると、ジャイアントベビーです。v-73絶対素通りできないと思う。思わず見上げちゃう。

Rinaさん、閉所恐怖症なんだーー。ちなみに私は高所恐怖症です。イスタンブールのガラタ塔行った時なんか、肌がイボイボになってたかんねーー。v-399

Yukacanサマ♪

3日目の青空は本当にきれいだったけど、やっぱりトルコで見るスコーンと抜けるような青空とは違う感じでしたねー。

私そんなに酒呑みイメージですか?(そうだろうな。)これでも20代の頃よりは大幅に酒量減ってるんですがねー。ガハハー。v-275

信号、私も何のためだろーと思ったんですが、こんなギャグのような道でも、通行する人がいるようなので、2人すれ違えないほど狭い道の為、一応交通整理(?)の役割を果たしているのかもです。本当おもろい。v-425

いいねぇ、プラハ

中欧・東欧って行った事がないので、すっごく興味あるんですよね。建物が直線的ですねぇ、スラーッと。
カフカ、私も遠い昔に読みましたよ。こう見えても読書少女だったのですよねぇ。トルコへ来てすっかり読まなくなっちゃったけど。こういう不条理ものだと、カミュなんかも好きでした~。
信号の激写!いいですねぇ。まさか、「あれ、間違って付けちまったよ」なんてトルコ的ギャグではないですよね!
〝中世ナイト〟もいいですねぇ。お姉さんばっかり写ってますけど、お兄さんはいらっしゃらなかったんでしょうかぁ。チェコって、ビール美味しいんだそうですね。(いい所だぁ!)トルコでは売ってないですよね.....。

Yokocanサマ♪

うちら夫婦はとにっかく、「チェコチェコ」言い続けてきたので、念願かなって!のプラハ旅行でした、実は。v-411

Yokocanさんが、読書少女っての、すっごく想像つきますよー。歴史ものとかお好きじゃなかったですか?カミュも興味ありなのですが、いつも本屋に行くとつい、ミーハー路線とか最新刊とか手に取っちゃって・・・。v-398

信号、「間違ってつけちゃった的トルコオチ」付きか!!その視点、思いつかんかったなーー。さすが!(?)Yokocanさん。

中世ナイトは、お兄さんも多数いらっしゃったんですけども、あらためて撮った写真を見返してみると、お姉さんばっか。v-517チェコビール、エフェスとかよりもさっぱりした感じがしましたねーー。トルコで売ってんのかな???


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://asakosaru.blog26.fc2.com/tb.php/25-63b98e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トルコから地中海を眺めてみる日記-1 «  | BLOG TOP |  » りとるはぴねす

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。