2011-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Istanbul'dayim!!!(ガラタの路地裏から編)

300811_01
イスタンブルのランドマーク・ガラタ塔。


魅惑のイスタンブルホリデーから、灼熱の地中海へと戻って参りました。


いや、灼熱というのは大げさですが。しかし湿気のないイスタンブルに比べると、やっぱり暑いぜアンタルヤ!


という事で、まだまだ夏気分の続くアンタルヤより、夜になると秋の気配すら漂うイスタンブルの景色を、引き続きお届けしたいと思います。


今回は、世界の車窓からならぬ、「ガラタの路地裏から」メルハバ~。


300811_02


イスタンブルのヨーロッパ側、金角湾の北側に位置するガラタ塔は、海側から見ても、近くから見上げても、どこかおとぎ話的風格を持つ、日本人ツーリストにもお馴染みの観光スポット。特に、夕暮れ時に展望台から眺めるイスタンブルの風景は幻想的ですらあり、イスタンブルに来たなら一度は眺めておきたい風景。


と、そこまで言い切っておきながら、入り口付近にはあまりにも長い行列ができていた為、今回はスルー。ガラタ塔の路地裏に足を踏み入れてみます。


300811_03


で、実は我々の目的は、この路地裏にある「Konak Cafe」というカフェ。
(※ホームページがあったのでリンクしときます。


人気スポットに目がない、イスタンブル独身美女の友人が、「ぜひに♪」とオススメのカフェなので、ちょいと楽しみなAsakosaru。


しかし、同じくらいショッピングに目がない友人と一緒だと、なかなか先に進まなかったりというオチつきで。
(ハラ減りましたがー。)


300811_04
(注:ご本人も、アンジーに負けずとも劣らずな美しさです。)
ワンピの形はカワイイけど(ちなみにバックストラップはクロスしてます)、柄はどうなの?と思ったりもしますが。



私にとっては、ガーリッシュなイメージの服が多かったものの、靴やアクセサリーもカラフルでなんか楽しいですよ~。


そんなこんなでカフェからの風景です。


300811_05300811_06


で、着いたはいいけど、眺めのいいボスポラス側は全て予約済みになっていて、結局コーヒーの一杯も飲まずに帰ってきたという、さらなるオチつきで。
(ハラ減りましたがー。)


ガラタ塔までお越しの際にはぜひ
(前もって電話してね。)


Blog Ranking Banner ←イスタンブルまだ続くよ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←細々とやってます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
関連記事

Istanbul'dayim !!!<ビュユックアダ編>

060811_01
イスタンブルからメルハバ~♪(=こんにちは)


あ~、思い出す事、約4年前。


前ブログのこんな記事から始まる事、計6回に渡る超大作(※お時間の許す方は、「イスタンブルで遊ぶ」カテゴリーにて、お楽しみ下さいませ。)を書き上げた、あ~、麗しのイスタンブル旅行。


あれから時は流れ流れて、2011年。現在再び、アジアとヨーロッパの架け橋、東西文明の交差点、古代東ローマ帝国の首都・コンスタンティノープルから改名、悠久の時の流れを肌で感じてみよう!なイスタンブルに滞在中。


すっごい正直に言ってもいいですか?


私、Asakosaru、特にトルコという国に惚れて在住とかではないんですけど。
どっちかと言えば、ダンナがトルコ人だから仕方なくだったりぃ?


それでもやっぱり、歴史の重みを感じるイスタンブルの風景は、私の心をググッと掴みます。 


さて今回は、前回の旅行時には行けなかった、マルマラ海プリンセス諸島の中でもっとも大きな島、「ビュユックアダ(→トルコ語で大きな島の意味)」に上陸します!


*******************************************************************

060811_02
いざ出発~!


島へのアクセスは、バスorメトロにてカバタシュという所まで行き、そこから約1時間に1本の間隔で出ている海上バスに乗ります。約45分ほどで到着です。(※エミノニュという所からもフェリーが発着しているようです。)


途中途中にも、観光名所が目白押しです。


060811_03
ドルマバフチェ宮殿だったり~♪

060811_04
ちと遠目だけど、真ん中に建ってるとんがり屋根のガラタ塔とか~♪

060811_05
トプカプ宮殿なんかも~♪


という事で、ボスポラス海峡の潮風をバッサバッサと髪に受けつつ、約45分後、島へ到着。


060811_06
来たどー!


島に上陸した時、なんだか別の国に来たような不思議な印象を受けました。この島では一切車が走らず(救急車だけは見たけど)、なので信号もなく、すべて馬車で移動、そしてリッチな人々がイスタンブルの喧騒から離れ、夏の避暑地として滞在する優雅な家々・・・。あぁ・・・。


なんつって浸ってたら、馬のう○ちの芳しいかほりが、すんごい漂ってきた・・・。あぁ・・・。(マジでくっさいんですが、まー、でも排気ガスよりナチュラルですからー。(?))


それはさておき、街中を見てみましょーぅ。


060811_07060811_09060811_08
こんな馬車が行き交っております。


この馬車、のんびり闊歩してるのかと思いきや、結構なスピードで飛ばしているので、予想に反してデンジャラスさ満載。もっとも、車であっても、巷にスピード狂が溢れかえっているここトルコなので、まー、納得。(苦笑)


スピード狂の馬車に蹴飛ばされぬよう注意しつつ、居住区を散歩します。あ~、素敵な家の数々・・・。

(ここからは、他人様の家を撮りまくった写真が続きます。)


060811_10060811_11060811_12060811_14


そこここに、花々が咲き乱れているのがとってもキレイで、どんな一画を切り取っても絵になり、他人様の家々の数々を貪欲に撮影し続ける東洋人。(お邪魔してます。)


060811_13
お気に入りの1枚です♪


海辺に出ると、こんな風景が広がっております。


060811_15
対岸にイスタンブルの街並みが見えます。


では最後に、いかにもトルコ風なヤツを1枚。


060811_16


トゥルシュジュ(漬物屋さん)です。ファストフード風にお漬物を頂くという、ある意味斬新な屋台。アンタルヤで見た事ないけど、イスタンブルにはたくさんあるのだろうか?


では、毎日家事に、育児に、お仕事に、ついでに上司の「一杯付き合え」に、お疲れ気味のあなたに、もういっちょ癒しの一枚。


060811_17
ここでは、猫と海鳥が魚の奪い合いをしません。(猫寝てるやんけー。)



なんとも朗らかな1日でした♪



Blog Ranking Banner ←イスタンブルを新たに開拓中!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←ポチッとおひとつよろしくお願いします。
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

★Welcome★

**Flag Counter**

free counters

Clock

Profile

asakosaru

Author:asakosaru
トルコで嫁をやりつつ、地中海を眺めながら生活すること8年。ヒトクセもフタクセもあり、アクが強くて刺激的、無茶で粗野で、でも優しくてあったかいトルコをイヤと言うほど満喫生活。

**Tweets on Twitter**

フォロワー増えると人が増えます

**Follow me on Twitter**

**E-mail me!**

asakosaru221819@yahoo.co.jp

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

**Trip Advisor**

アムステルダムの旅行情報
アムステルダムの旅行情報

**人気ブログRanking**

**ブログ村Ranking**

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

FC2ブログRanking

FC2Blog Ranking

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

このブログをリンクに追加する

Weather

iTunes Chart

iTunes Weekly Chart

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。